【保険スマイル】コラム

生命保険の無料相談は保険smileへ 保険のプロが中立的な立場から、さまざまな保険を比較してピッタリの保険を探します!

2011.06.29

”保障ダイエット”しましょう!


最近、こんなケースをよく見かけます。

「うちはガンの家系だし、主人の親戚は脳梗塞で先日他界・・・。将来が不安だから、医療保険はしっかり入っておこうと思って、加入しました。」

「やはりいざってときに、高い治療が受けられたほうがいいと思って、先進医療が備わっている保険に見直ししたの。」

いずれも、「なるほど」と思います。

将来どんな病気になるか、わからないので、病気やケガに対する保障が手厚い医療保険に複数加入されている方が増えています。

しかし、加入している保険を見比べてみると、保障が重複していて、保険料が高くなってしまっているのです。

この場合、重複する保険料は削って、浮いた保険料を貯蓄にまわすことが大切です。


また、先進医療については、最近では月々1,000円程度で特約に入れるような医療保険が人気です。

でも、先進医療特約には、保障期間が終身タイプのものと、5年、10年・・・と更新が必要なタイプがあるのです。

更新するタイプの場合、先進医療の技術の普及などにより、特約保険料が値上がりしていく可能性があります。

保障と保険料、メリット・デメリットをふまえてご自身に合ったものを選びましょう。